• 043-307-8008
    イオンタウン幕張西・2階
WEB予約

形成外科

形成外科とは

形成外科画像

体の表面や機能を整えるというのが形成外科で、病気やケガ、先天的な異常によって、身体表面が見た目のよくない状態になっている場合に主に外科的治療によって改善していく診療科になります。部位についての制限はなく、頭から足の先まで治療していきます。

具体的には、擦り傷、切り傷、熱傷(やけど)などによって損傷してしまった皮膚・軟部組織(神経・血管・腱など)の治療、傷跡や手術痕によって引き起こされた瘢痕・ケロイドの治療、生まれついてのあざを目立たなくする、皮膚や皮下にある腫瘍(粉瘤、ほくろ、脂肪種 など)の除去、先天的な異常(口唇口蓋裂、頭蓋骨縫合早期癒合症、合指症 など)の治療、顔面の骨折もしくは軟部組織を損傷した際の治療といったことを行っていきます。

手術を行う際は、特殊な糸や縫合法によって、傷跡などをできるだけ目立たないようにさせ、患者様の生活の質(QOL)が向上していく診療を行っていきます。
日本形成外科学会 形成外科専門医の資格を持つ院長が、患者様お一人おひとりの症状をふまえ、的確な診察を行ってまいります。

■形成外科における主な対象疾患

  • ほくろ
  • いぼ
  • 粉瘤
  • 母斑
  • 血管腫
  • あざ
  • 切り傷
  • 擦り傷
  • 傷跡
  • やけど
  • ケロイド/瘢痕(拘縮)
  • 巻き爪
  • 顔面の外傷(骨折など)
  • 先天異常(口唇口蓋裂、合指症、副耳 等)
  • 床ずれ
  • 難治性潰瘍
  • 美容診療など

ほくろ

ほくろとは、色素細胞性母斑とよばれる皮膚良性腫瘍であることが一般的です。ほくろの大きさや形状によっては保険による除去手術が可能です。この場合は、ほくろの大きさ、隆起の程度、部位などを鑑みて、くりぬき法、切除縫合法などから最適な方法で除去し、適宜病理検査等を行います。自費診療では、レーザーを用いたほくろ除去が可能です。
なお、ただのほくろと思っていても、実際には皮膚の悪性腫瘍が紛れている場合がありますので、気になるほくろがありましたらご相談ください。

イボ

イボは、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症する腫瘤で、尋常性疣贅ともいわれています。いじるとどんどん増える傾向があります。イボができたからと言って、自分で引っ掻いて治そうとすると、かえってウイルスを撒き散らしてしまう可能性がありますので、イボを見つけた際は、数が少ないうちにご相談ください。また、稀ながら悪性のものもあるので、それらとの見分けをつけるためにも、ご心配な場合は受診をお勧めします。
イボを除去する方法には、液体窒素療法や外用療法を行いますが、レーザー治療を行うこともあります。

粉瘤

粉瘤とは、皮膚表面にあるはずの角質成分(垢となるもの)が何らかの理由で皮膚の内側に貯まってくる病態です。老若男女だれにでも起きうるもので、外傷が原因となることがあります。そのまま放置しておくと感染をしたり、増大してくることがあります。感染した場合には皮膚を切開して膿を出してあげることが必要になります。当院では、切除術やくりぬき術など患者さんに合った治療法を提案させていただきます。

あざ

生まれながらもしくは、成人してから出現・増悪してくる皮膚の色調異常です。赤あざ(血管腫)や茶あざ(扁平母斑など)、黒あざ(太田母斑など)、青あざ(蒙古斑など)があります。一般的にレーザー照射による治療を行います。当院では、太田母斑・扁平母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素沈着については保険診療可能です。

巻き爪・陥入爪

両足の親指に発生しやすい爪の変形や、周囲への爪の食い込みです。厳密には巻き爪と陥入爪とは違いますが並発していることもあります。原因は爪の切り方・遺伝・歩き方・骨の形や靴の形など複合的な要素が重なって出現することが多いです。そのため爪の切り方指導や、部分抜爪・手術用法・保存加療(ワイヤー療法:3TO)など患者さんに合った治療を提案いたします。

傷を扱う診療科は形成外科だけでなく、整形外科や一般外科、皮膚科など、多岐にわたります。しかし、皮膚表面の傷をきれいに治す専門科と言えば、やはり形成外科になります。何科を受診するか迷った際は、まずは当院の形成外科をご受診ください。形成外科ならではの特殊な糸や縫合法によって、傷跡などをできるだけ目立たないように治療いたします。症状によっては他の医療機関と連携しながら、適切な治療にあたります。

やけど

やけどをきれいに治したいのなら、形成外科を受診するのが適切です。やけどは浅いやけどであっても感染などを併発すると、痕が残ることや、拘縮と呼ばれるつっぱりが生じることがあります。適切な治療を行うことにより早く治ることもあります。軽いやけども軽視せず、日本熱傷学会 熱傷専門医である院長に早めにご相談ください。

切り傷ややけどなどの「けが・熱傷」はこちらもご覧ください。

皮膚腫瘍・難治性潰瘍

Clinic overview
クリニック概要

Y&Mクリニック幕張
クリニック名
Y&Mクリニック幕張
院長
笹原 資太郎
副院長
笹原 真奈美
診療内容
皮膚科、形成外科、美容皮膚科、乳腺外科
住所
〒261-0026 千葉市美浜区幕張西4-2-12(イオンタウン幕張西2階)
最寄駅
JR・京成 幕張本郷駅、JR・京成 幕張駅、JR海浜幕張駅
車での
アクセス
幕張ICすぐ
駐車場144台完備(イオンタウン幕張西内)

皮膚科・形成外科
美容皮膚科

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

●土曜日……9:00~12:30

乳腺外科
(完全予約制)

診療時間
9:30~12:00
14:00~17:00

■…第1・3・5火曜日のみ診療(火曜日午後は再診のみ)
…第2・4・5土曜日のみ診療(9:30~12:00)
千葉市乳がん検診・千葉市骨粗しょう症検診・千葉市肺がん検診も乳腺外科診療枠でご予約いただけます。

※各診療科ともに受付は診療終了時刻の30分前までとなります。

043-307-8008 WEB予約